ハワイ州によるパイロットプログラムを実施、デジタル通貨関連のライセンス無しでの営業が可能に
   公開日 : 2020/03/21

ハワイ州によるパイロットプログラムを実施、デジタル通貨関連のライセンス無しでの営業が可能に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Department of Commerce and Consumer Affairs, Division of Financial Institutions (DFI)とHawaii Technology Development Corporation (HTDC)が共同して、デジタル通貨のユースケースを模索するDigital Currency Innovation Lab計画を開始します。

Digital Currency Innovation Lab計画は2年間にわたって行われる予定となっており、期間中、デジタル通貨の発行を行う業者はstate money transmitter license(州が発行する送金業に関わるライセンス)を取得せず営業することができます。

規制当局は、今回の計画に参加した企業の活動を踏まえて、今後の方針を決定するとしています。

参加を希望する企業は、2020年3月17日から2020年5月1日までの間、オンラインでの申請を行うことができます。

記事ソース:HTDC

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事