ハウステンボスとLiquid社、キャッシュレステーマパーク化へ向け独自通貨の共同開発
   公開日 : 2018/06/07

ハウステンボスとLiquid社、キャッシュレステーマパーク化へ向け独自通貨の共同開発

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!

  • ハウステンボスがキャッシュレステーマパーク化を発表
  • ブロックチェーン活用のテンボスコインをLiquid社と共同で開発予定
  • 2018年内の開発を目標に進める

記事ソース: 株式会社Liquid

2018年6月4日、ハウステンボス株式会社と株式会社Liquidは、ハウステンボスのキャッシュレステーマパーク化に向け、分散型台帳の独自デジタル通貨「テンボスコイン」の共同開発に合意しました。

Liquid社とは

株式会社Liquidは新しい世界の認証インフラを構築するをコーポレートミッションとして掲げています。これまでLiquid社は、

等のサービス、プロダクトを手がけてきました。

また、今年の3月には店舗が独自で分散型台帳によるトークンを発行可能にする「LIQUID Reader」の発表を行うなど、ブロックチェーン技術にも力を入れていることがわかります。

テンボスコインを通して実現したいこと

今回Liquid社は、これまでのノウハウを総動員し、

  • ブロックチェーンを活用した勘定管理の仕組み
  • ハウステンボスの利用者と店舗状況を見ながら「テンボスコイン」の流通量を制御する仕組み
  • スマホウォレットアプリ、もしくはNFCカードによる利用者向けの決済手段
  • 店舗での「テンボスコイン」決済、ATMでの「テンボスコイン」チャージの仕組み

を提供し、これらの仕組みを通し、安全・便利・低コストという3つのメリットのあるキャッシュレス決済基盤を実現するとのことです。

具体的には、

  • 来場者が入場ゲートにてスマホアプリに入金、買い物や食事等の支払いを電子決済化
  • ポイント付与やコイン獲得イベント
  • レジの無人化

等を検討しているようです。

これによりハウステンボス側は、現金管理や輸送業務の手間が省けます

今後の計画

現時点では、2018年内の開発を目標にしており、1テンボスコインは1円に設定されるようです。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事