分散型取引所IDEXが新たなUI/UXを実装した「IDEX2.0」を発表
   公開日 : 2019/11/02

分散型取引所IDEXが新たなUI/UXを実装した「IDEX2.0」を発表

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis

分散型取引所として多くのトークン取り扱いで人気を集めたIDEXがバージョン2.0となる「IDEX2.0」を発表しました。

動画からは新UI/UXの大幅な改善を感じることができ、パフォーマンスやセキュリティ共に優れているとしています。

DEX(分散型取引所)の課題とされてきたスループット(処理速度)ですが、流動性プール型を採用し問題の解決を図るKyber NetworkやUniswapなどが存在するなか、IDEX 2.0ではこれとは異なる手法を採用しています。

IDEX 2.0が採用するO2 Rollupと呼ばれるレイヤー2(オフチェーン)ソリューションは、その中でもスマートコントラクトを執行できるタイプの技術で、高いUXを実現することができます。

IDEX 2.0の公式サイトでは、Waiting Listへの登録やホワイトペーパーのダウンロードなど詳細を確認することができます。。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事