IOSTが行う日本のブロックチェーン規制に関する法令遵守における取り組み
2019/11/09

IOSTが行う日本のブロックチェーン規制に関する法令遵守における取り組み

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

デジタル財産の法令遵守の高まりとともに、多くの国と地域では、関連する規則やガイドラインがリリースされてきました。最も成熟しているブロックチェーン市場の1つであると同時に、日本はブロックチェーン産業を規制し、法律の保証を提供する最も早い国のうちの1つでもあります。

2016年5月25日に立ち戻って見ましょう。 2017年4月1日に施行された改正資金決済法は、2016年5月25日に承認・制定されました。日本の法律に従うため、IOSTは2019年9月よりDapps開発チームが価値のあるDAppsを作るように精力的に推奨し、法令遵守に向けて DApps チームといっしょに働いています。

エンドユーザのため

IOST はすべての市場の規制とルールが大事なものであると理解しています。

私達は、中国と日本からのユーザーのIPアドレスをブロックすることをすべてのカジノDApps開発者に知らせています。

IOSTはそのコミュニティのなかでリスクのあるDApps を決して促進しません。

DApp カテゴリー

2019年10月21日現在、IOST mainnetには49個のDApps が開発されており、そのうち全体の1/4 弱にあたる11個のDAppsがコンプライアンスの改善が必要でした。

この低い割合は、IOSTがDAppsの開発を促進するためにDAppsの品質向上などの特別なサポートとアシストを提供する一方で、カジノDAppsを開発することを開発者に決して勧めなかったという事実に起因しています。

これは実に、ブロックチェーンテクノロジーにとって大きなメリットです。

Open-Source Platform Management

オープンソースプラットフォームとして、IOSTのパブリックブロックチェーンは、どのような開発者でもそのチェーン上で開発することを可能にしています。

したがって、IOST財団はどのようなDAppの開発でも妨げることはありません。

しかし、財団は規則的な基礎的なこと、長期のオペレーションについての提案、および健全なDAppエコシステムの構築に関して、開発者とコミュニケーションをとります。

Relationships With DApp Teams

IOSTは、分散化されたプラットホームを構築するために努力し、それはDApp製品の商業化に直接介入しません。

一方で、IOSTは、カジノDAppsのチームとコミュニケーションをとったり、協力してより健康なIOST DAppのエコシステムを築くことについての建設的なアドバイスを提供しています。

IOST DApp Ecosystem

IOST DAppのエコシステムは、財団の努力の甲斐あって、その品質が全面的に改善しました。2ヶ月に満たない期間で、カジノDAppsの様々な統計値 (3つの主要な基準:DAU、トランザクション、出来高)は劇的に減少し、全体のエコシステムにおいて各基準の50%弱になりました。


DAppRadar.comのデータによると、カジノDAppsは、7日DAU、トランザクション、および出来高で、全 DAppsの21%弱を占めています。これは、DApp生態系でカジノDAppsの割合が相対的に低いことを意味しています。

DApp Industryのコンプライアンスを促進するための業界標準を確立する

IOSTはパブリックチェーンの中でずば抜けています。

一方で、IOSTは活動的にDAppエコシステムを構築し、開発者を高品質のゲームをつくることを推奨します。

伝統的なゲーム・メーカーと共同して、IOSTは、Xianjian 5とIOST Legendを含む一連のフィーチャードゲームをローンチしました。後者はIOSTをDAppエコシステムの新しい時代に導きました。

つまり、伝統的なゲームユーザーをチェーンオンゲームに連れてきて、彼らに高い報酬を与える一方で、最適なゲーム経験をユーザーに提供しています。

その間、Xianjian 5はゲームとブロックチェーンの組み合わせにおいてマイルストーンになりました。IOSTはIOSTメインネット上にゲームをビルドする「Featured DApps Program」でたくさんの開発者を惹きつけ、CryptoNinja, Herorats, XPET, IOST Crypto Sanguo, and Eternal Fafnir といったたくさんの高品質なゲームがローンチしました。

CryptoNinjaは、最初の完全なオンチェーンDAppで、ブロックチェーンテクノロジーの価値を十分に示しています。Heroratsはゲームと公共福祉とをつなげることで、ゲームの価値を増やしています。XPETは、クロスチェーンゲームアセットの真正性といった新しいモジュールで、DAppsの違う活用方法を探っています。

もう一方では、IOSTは、DAppエコシステムの法律に則った開発を促進するために、業界標準と法令遵守を設立します

オープンソースプラットフォームとしてIOSTは、メインネットの分散化の最大のレベルを保証する一方で、品質についてのDAppsのサポートや開発者とのコミュニケーションを通じてDAppエコシステムを浄化するためにベストをつくします:

  • カジノDAppsの量は全 DAppsの20%弱です。
  • 中国語と日本の IPアドレスは、カジノDAppsからブロックされます。
  • DAU、トランザクション、トランザクションボリューム、およびカジノDAppsの他の基準値は、IOST エコシステム全体の21%弱です。
  • ユーザーに財産損失と中毒のリスクを思い出させるために、コミュニティのお知らせおよび日次通知にカジノDAppsのリスクにについて通達する。
  • IOSTは資源を提供するなどして他の高品質なDAppチームとの協力を強化します。また、センシティブな内容のプロモーションを止める。

Ethereumおよび他の主流主要なパブリックチェーンと比較すると、IOSTはDAppエコシステムの法令遵守において最も高いレベルになりました。

そしてそのことは、IOSTが日本のブロックチェーン市場にアクセスするためにもっとも重要なこととなるでしょう。

IOSTは、法令遵守にかける努力がこの産業のよい例になると信じています。最終的にブロックチェーンテクノロジーの利点をより多くの人々と共有するため、ブロックチェーンの可能性の実現化やマスアダプションへの促進にとって、法令遵守をきちんと行うことは非常に重要です。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事