キーレス自動取引プラットフォームの開発が開始される
   公開日 : 2019/12/23

キーレス自動取引プラットフォームの開発が開始される

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号資産の自動取引プラットフォームCryptohopperとプライバシーテクノロジー企業のTide Foundationが提携を結び、自動キーレス取引の開発に取り組むと発表しました。

今回の開発ではTide Foundationが開発したDecentralized Automated Trustee (DAT)という技術を、自動で取引を行えるCryptohopperのプラットフォームに組み合わせる予定です。

DATはブロックチェーンにおいて認証不要で暗号資産やアカウントの管理を行える分散ネットワーク技術です。

Cryptohopperは165000人のユーザーを有する取引プラットフォームで、コピートレーディング、ソーシャルトレーディングやミラートレーディングなど様々な取引を行うことができます。

Tideは分散型取引は高いセキュリティと透明性を有する一方、取引に承認が必要なことから放置型の取引が困難であるとコメントし、今回の開発の重要性を説明しています。

記事ソース:Tide

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事