XION、アニモカや野村レーザー・デジタルなどから2500万ドルの資金調達実施

2024/04/02・

hapi

XION、アニモカや野村レーザー・デジタルなどから2500万ドルの資金調達実施

消費者ニーズに焦点を当てたブロックチェーンXIONがAnimoca Brands、レーザー・デジタル(野村)、Multicoin Capitalなどから総額2500万ドルの資金調達を実施したことが発表されました。

ユーザーフレンドリーなブロックチェーンプラットフォーム

現在のWeb3またはブロックチェーン業界は、技術的なハードルや専門用語で溢れており、経験が浅い人にとっては馴染みが薄く、利用が広がりにくい状況が続いています。

また、投機的な用途が中心で、ブロックチェーン技術の特性を生かした分かりやすく便利な一般向けアプリケーションの開発が遅れているのが現状です。XIONはこの課題を解決することを目的としたプロジェクトです。

XIONの最大の革新は、「ジェネラライズド・アブストラクション」と呼ばれる新しいアプローチです。

これは、従来のブロックチェーンが抱える複雑さを根本から解消するソリューションとなっています。XIONはこの技術を用いて、開発者が一からユーザーフレンドリーなWeb3アプリを設計・構築できる、世界初のブロックチェーンプラットフォームを実現しました。

取引の主要通貨にUSDC(デジタルドル)を採用し、エコシステム内の価格を一般ユーザーにも分かりやすい形で示せるのも大きな特徴です。

さらに、メタアカウントという機能を使えば、メールやバイオ認証でアカウント作成でき、プライベートキーを意識する必要がありません。また、複数デバイス間での利用、本人認証の強化、アカウント復旧など、ユーザービリティが大幅に向上します。さらに他のブロックチェーンとのつながりも強化され、クロスチェーンでのスムーズな利用も可能になります。

圧倒的な成長とユーザー普及の実績

XIONはすでにテスト段階で130万個以上のメタアカウントが作成され、1500万件以上の取引がスムーズに処理されるなど、大きな実績を上げており、150を超えるプロジェクトが参加するエコシステムも形成されています。

XIONのコアコントリビューターのBurnt Banksy氏は「XIONは、クリプトを身近なものにするブロックチェーンです。XIONを使えば、人々は携帯電話で分散型アプリケーションとシームレスにやりとりできま、シードフレーズを覚えたり、秘密鍵を保管したりする必要はありません」と強みをアピールしています。

今回の資金調達により、より一層の技術開発と世界規模でのエコシステム拡大を加速し「ブロックチェーンをだれもが使えるようにする」という目的に一歩近づいたXIONに今後も注目です。

記事ソース:Burnt Blog

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks