「PoWのNFTはサポートしない」マージに関してOpenSeaが公式発表
   公開日 : 2022/09/01

「PoWのNFTはサポートしない」マージに関してOpenSeaが公式発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

OpenSeaがイーサリアムのアップデートThe Merge後、PoSチェーンのイーサリアム上のNFTのみを取り扱うと発表しました。

“「まず、最も重要なことですが、アップグレードされたイーサリアム PoS チェーン上のNFT のみをサポートすることをお約束します。」”

OpenSeaは誕生する可能性のあるPoWイーサリアムチェーン上のNFTをサポートしないとし、現在、プロダクトの円滑な移行を行うための準備を進めているとしています。

The MergeはPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)への移行が行われるアップグレードで、PoSへの移行により環境負荷の低減が期待できる反面、エコシステム全体の収益構造が大きく変化し既存マイナーの収益は減少することが予想されています。

関連:【実装間近】イーサリアム「The Merge」とは?概要を詳しく解説

そんな状況の中、一部ユーザーの間でPoW式イーサリアムの維持を望み、ハードフォークを行うことで新たに$ETHW(仮称)トークンの発行を計画する案が登場。オラクルを提供するChainlinkはPoWのイーサリアムに関しては非対応と発表、対して大手取引所のBinanceFTXは取り扱いの検討を行うなどプロジェクト・企業によって対応が分かれています。

ハードフォークが行われるとなると、イーサリアム上で発行されているBAYC (Bored Ape Yacht Club)などの高額NFTも二重で生成されることから、一部ユーザーの間で様々な懸念が広がっていました。

今回、NFT取引所として知名度や取引高トップを誇るOpenSeaがPoW上のNFTを取り扱わないと宣言したことによる今後の影響に注目が集まります。

記事ソース:Twitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事