PayPalホールディングスの参加アプリVenmoにて暗号資産の取扱いを開始
   公開日 : 2021/04/21

PayPalホールディングスの参加アプリVenmoにて暗号資産の取扱いを開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

PayPalホールディングスの傘下アプリVenmoにて、暗号資産の購入、保持、売却が可能になります。

Venmoでは現在、「Bitcoin」 「Ethereum」 「Litecoin」 「Bitcoin Cash」 の4種類の暗号資産を使用することができます。

今回のサービス提供はPayPalが提携しているPaxos Trust Companyと協力して行われます。

2020年に行われたVenmoの顧客行動調査によると、Venmoの顧客の30%以上がすでに暗号資産や株式の購入を始めており、そのうちの20%はコロナ禍に活動を始めています。Venmoは今回のサービスローンチでこれらの見込み顧客にアプローチすることが可能になります。

PayPal Holdings, Inc.は去年、米国内のすべてのPayPalアカウント保有者がPayPalと直接仮想通貨を売買できるようになったことを発表しており、積極的な活動が伺えます。

記事ソース:Cision

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事