PayPalがFacebook主導のLibra Associationからの撤退を表明
2019/10/05

PayPalがFacebook主導のLibra Associationからの撤退を表明

kaz【CRYPTO TIMES公式ライター】

kazCRYPTO TIMES公式ライター

スイスの高校を卒業し、アメリカの大学に通う大学生。去年の6月に仮想通貨に参戦し、その面白さと魅力にハマり投資を始めました。

CoinDeskPayPalの広報担当者が同紙に対して「今後の参加を控える決断をした」としてLibra(リブラ)協会からの撤退を表明したと4日に報じました。

広報担当者は協会から撤退する理由として「PayPalの十分な恩恵を受けていない人々のために金融サービスの民主化を進めるという従来のミッションに注力する」ことをあげています。

「我々はFacebookの願望を支援する意向であり、将来的に協力していくための対話を継続することを期待している。Facebookは長年に渡って価値ある戦略的パートナーであり、今後も様々な立場でFacebookと連携し、支援していくつもりだ。」

一方のLibra協会側もPayPaylから協会への参加を控える旨の通知があったことをCoinDeskに明かしています。

今週前半にはPayPalがLibra協会参加への署名を見送ったと報じられていましたが、今回同社の撤退が正式に明らかになった形となりました。

PayPalの他にもVisaやMastercardなど大手決済事業者が署名を保留しており、Associationへの参加企業のこれらの反応をみているとなかなかシビアな動きにも見えます。

記事ソース: CoinDesk

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事