「バーチャルで土地ころがし!」 世界初!?80年代風ブロックチェーンゲーム 「CryptoPlanet」7/24に正式版リリース!
   公開日 : 2018/07/24

「バーチャルで土地ころがし!」 世界初!?80年代風ブロックチェーンゲーム 「CryptoPlanet」7/24に正式版リリース!

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

 CryptoPlanet製作委員会は,ブロックチェーンアプリ「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」を2018年7月24日に正式版をリリースします。CryptoPlanetは,地球に似た仮想の土地を仮想通貨イーサリアムを使用して売買できるゲームです。

【究極のバーチャル土地ころがし】
仮想通貨イーサリアムを使用し,ブロックチェーン上に構成された世界の土地を購入して,領土を拡大,その土地を他の人に買ったときより高く売る,儲けで新たに土地を購入する,またそれを売る。土地ころがしをバーチャルな世界で実現しました。
仮想通貨を使用することから実際に利益になり,自身の資産が増えていきます。

【何が面白いの ?】
この惑星には勇者軍,魔王軍の 2 勢力があります。入植した人は,どちらの勢力につくかを選べます。
まれに,勢力に大きな影響を与える土地が存在します。所有者同士,土地の売買ができます。売りに出すとき,そのことをツイートすることができます。80 年代ゲーム風で,なんだかなつかしさを感じるこのタイプのゲームは世界初です。(当委員会調べ)

【技術的な点も含めた特徴】
・エリア数(マス数)は上限があり増えていかないので,エリアの価値が変化しにくいです。
・ブロックチェーンでは難しいとされていた 100%のランダム性を oraclize を使ってゲームに取り入れました。
・ゲームの停止機能,ゲームバランスの変更などの操作は管理者であってもできないようになっているので,管理者の都合のよい操作はされず,システムは動き続けます。

【プラットフォーム】
パソコン上のブラウザで動かします。対応ブラウザは,Chrome,FireFox,Opera です。METAMASK というアドオンの導入が必要です。METAMASK で仮想通貨を取り扱うためです。スマートフォン,携帯電話にはまだ対応していません。

タイトル:CryptoPlanet(クリプトプラネット)
種別:ブロックチェーンゲーム(DApp)
リリース日:2018年7月24日
公式サイト:URL https://crypto-planet.io/
Twitter:@cryptoplanetio1
プラットフォーム:パソコン用ブラウザ(Chrome,FireFox,Opera)
費用:土地の売買に仮想通貨「イーサリアム」(ETH) が必要。入植は 0.02ETH です。売り出し価格は自分で決められます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事