Etheremon(イーサエモン)が9月6日にアドベンチャーモードリリース
   公開日 : 2018/09/05

Etheremon(イーサエモン)が9月6日にアドベンチャーモードリリース

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

「イーサエモン」はイーサリアムネットワークのブロックチェーン上に構築された分散型のアプリケーションです。そこに作られた疑似世界の中でイーサエモンを捕獲、育成し、戦闘させることが可能です。

この度、待望のアドベンチャーモードが9月6日日本時間15時よりリリースされることとなりました。

アドベンチャーモードがついにリリース!

2018年6月、アドベンチャーモード用土地(マップ)、その数54がプレセールとして売り出され、大盛況のうちにセールは終了しました。

それから2ヶ月以上、アドベンチャーモードのフルリリースが待たれる中、冒険モードがついに2018年9月6日(木)日本時間15時にリリースになります。

冒険モードは自分のモンスターを世界中に散らばるマップへ冒険に向かわせ、報酬を獲得できるモードとなります。アドベンチャーモードはこれまでのイーサエモンとは違い、プレーヤーが土地を所有し、他のプレーヤーの冒険用にマップを貸し出し、収益を産むことができます。

収益をあげる手段が増えるだけではなく、ゲーム内での資産の幅が増え、プレーヤー間の関係が深化し、取引が増加する、新しいゲームモードと言えます。「アドベンチャーモードはブロックチェーンゲームの特徴を利用し、プレーヤーの皆さんに新しいゲームの楽しみ方を提供できると確信しています。」

イーサエモン共同創業者のJavis Nguyenこう語ります。

「ゲーム内の土地は運営側である私達も手出しできない、本当の意味でユーザーのものとなります。実際にある資産として、そこから収益を上げる事が出来るのです。」

「今後この土地は共同保有者が決める仕様にする予定です。プレーヤーが本当に駆け引きを楽しめるのはここからだと思っています。」

更に楽しく、さらなる報酬

土地オーナーのメリット

アドベンチャーモードの土地は108と数が決まっており、変更は絶対にありません。半分の54は今年すでにリリース、10人の共同オーナーによって保有されており、残りの54は2019年に新しい機能と共にリリースを予定しております。

オーナーはアドベンチャーフィーの90%を受け取ることができ、共同オーナー内で平等に配分されます。10%はイーサエモンの手数料として、ゲーム開発、コミュニティーの維持発展費用として使用されます。

アドベンチャーフィーはリリース後1ヶ月間、既定の 0.01ETH又は15EMONTと固定されますが、その後はオーナーコミュニティで決める事ができます。

プレーヤーのメリット

冒険モードにモンスターを向かわせる事で、下記の報酬をゲットする事ができます:

  • レベルアップストーン:アイテム使用でレベルアップ(+1または+2)
  • ブースターのかけら:モンスターのステータス値上昇
  • 経験値ボックス: 50,100,200,500の経験値
  • EMONT:3,5,10,15のEMONT
  • モンスター:ここでしか手に入らないレジェンダリーモンスター3体とレアモンスター

今後のプラン

2018年第4クオーター中にアドベンチャーモード内のチャレンジモードを実装予定です。

チャレンジモードはアドベンチャー用の土地内に独自のジムを作り、モンスターを常駐させ、他プレーヤーの挑戦を受ける事が出来るシステムです。

そもそもイーサエモンとは?

イーサエモンとはゲーム内のモンスター(イーサエモン)を捕まえ、育て、交換していく、新世代のゲームです。ブロックチェーンとVR(バーチャルリアリティ)の融合を目指し、今までにない新しいゲーム体験を提供することを目指しています。

モンスターやアイテムをゲーム内に止まらず、自分の資産として扱う事ができるDapps(非中央集権型アプリケーション)として、7000以上のユーザーと23万回以上のバトルが行われている最も有名でプレーヤーの多いゲームの一つです。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事