Ripple社がTetragonが主導するシリーズCラウンドで2億ドルを調達
   公開日 : 2019/12/21

Ripple社がTetragonが主導するシリーズCラウンドで2億ドルを調達

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Ripple社が12月20日に、Tetragon社が主導とするシリーズCの資金調達ラウンドにて2億USD(約220億円)を調達しました。

今回のシリーズCラウンドの調達では世界的投資企業であるTetragonが主導しており、VCであるRoute 66 Venturesや日本からもSBIホールディングスが参加しています。シリーズBラウンドは2016年に完了しており、その際は9300万ドルを調達しています。

今回調達した資金にて、市場の需要を満たし、成長する顧客とパートナーのコミュニティにより良いサービスを提供するために、新しいグローバルな人材の採用を促進していくとしています。

記事ソース : Ripple Insights

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事