SIMスワッピングを利用し、SNS乗取り、仮想通貨窃盗を行った米国男性2名を逮捕
   公開日 : 2019/11/15

SIMスワッピングを利用し、SNS乗取り、仮想通貨窃盗を行った米国男性2名を逮捕

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

SNSを乗っ取り、仮想通貨を盗み出したことにより、米国マサチューセッツ州の男性2人が逮捕されました。

起訴状によると、逮捕されたEric Meiggs氏とDeclan Harrington氏は、「SIMスワップ」という手法を利用し、仮想通貨企業の幹部や沢山の仮想通貨を所持しているユーザー、SNSで影響力のIDを狙って犯行を行いました。

2人は、10人の個人から550,000ドル以上の暗号通貨を盗もうとし、2つのSNSアカウントへのアクセスをソーシャルメディアアカウントへのアクセスを確保しました。

暗号通貨業界では、ハッカーが携帯電話番号の所有者になりすまし、被害者のアカウントにアクセス許可するように携帯電話会社を仕向けます。これにより、多くの個人がSIMスワッピングの被害にあっています。

携帯電話番号を乗っ取ることで、攻撃者はソーシャルメディアにログインしたり、場合によっては取引所のアカウントにログインし、ユーザーが持っている所有物やデジタル通貨へのアクセスが可能になる手法です。

記事ソース : プレスリリース

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事