韓国サムスンが物流プラットフォームにブロックチェーンを実装。タグを利用して追跡可能
   公開日 : 2018/06/21

韓国サムスンが物流プラットフォームにブロックチェーンを実装。タグを利用して追跡可能

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。

ブロックチェーン搭載で追跡可能

韓国のサムスンのプラットフォーム「Cello3.0」にブロックチェーン技術を実装することが6月20日の公式発表で分かりました。

このCell3.0と呼ばれるプラットフォームはサムスンの子会社であるサムスンSDSによって考案されたものです。

このCell3.0には人工知能(AI)とサムスンがこれまで培ってきた物流ノウハウが組み込まれているようです。

ブロックチェーン技術を搭載することによって、国際貨物原産を確認することができ製品の信頼性を高めてくれる模様です。

輸入されたスマートフォンにはNFC(近距離無線通信)タグが取り付けられ輸出/輸入業者名、流通履歴などの情報をCell3.0を利用することで簡単に確認することができようです。

また、顧客は配送状況などの情報をリアルタイムで見ることができるようにしたとのことでサービスの利便性を大幅に向上させたとSDSは述べています。

記事ソース:SAMSUNG SDS

ゆっし
「ブロックチェーン×追跡」はVechainを始めとする様々なプロジェクトがあるよね。自社でサービスを作って使うということは、物流ノウハウに自信とこだわりがあるのかな?
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事