【約88億円】分散型ドメイン「Unstoppable Domains」がPantera主導の大型資金調達を実施
   公開日 : 2022/07/28

【約88億円】分散型ドメイン「Unstoppable Domains」がPantera主導の大型資金調達を実施

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Unstoppable Domainsが約88億の資金調達

分散型ドメインサービスを提供するUnstoppable Domainsが、シリーズAで6500万ドル(約88億円)の資金調達を行いました。

Unstoppable Domainsではランダムで生成されるウォレットアドレスを、ユーザーが簡単に読めるような形で取得することができます。

さらに、Unstoppable Domainsの特徴として、P2Pの分散型ファイルストレージであるIPFSにデータをアップロードできる分散型Websiteの作成もできることが特徴です。

今回の資金調達は、Pantera Capital主導で行われ、 Alchemy Ventures、Spartan Groupなど下記企業が出資に参加しました。

– 出資企業 –

Pantera Capital (主導)、Mayfield、Gaingels、Alchemy Ventures、Redbeard Ventures、Spartan Group、OKX Blockdream Ventures、Polygon、CoinDCX、CoinGecko、We3 syndicate、Rainfall Capital、Broadhaven、El Ventures、Hardyaka、Sound Media Ventures、Draper Associates 他

Unstoppable Domainsは、設立から4年間、700万ドル以下のVC資金の中で、

  • 250万のドメイン登録
  • 300以上のパートナー
  • 150以上のWeb3アプリへのログイン

を達成し、ユーザーのWeb3アイデンティティの構築を担ってきたとしています。

Unstoppable Domainsは今回の資金調達の発表の中で、

“「この資金で、企業ではなく人々が自分のデジタル・アイデンティティを完全にコントロールできる世界に向けて、私たちは構築し続けていきます。」”

とコメント。今後プロダクトの機能などに関して大幅な変更を加える予定としています。

Unstoppable Domainは、Coinbase wallet、MEW、OpenSeaなど50を超えるウォレット、取引所、dAppと連携済みで、現在Chrome、Firefox、Edgeの拡張機能により、Unstoppable Domainsのサイトをネイティブ閲覧も可能となっています。

GMOインターネットが協業でNFTドメインサービスのサポートも開始

また、27日にはGMOインターネットが、NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName(クリプトネーム) byGMO」を開始することが発表されています。

現在、Unstoppable Domainsが提供しているNFTドメインは「.crypto」「.wallet」「.nft」「.bitcoin」「.x」「.coin」「.888」「.dao」「.zil」「.blockchain」の10種類となっており、「CryptoName byGMO」がこれらNFTドメインの紹介・登録サポートをはじめる予定となっています。

記事ソース:Unstoppable Domains

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事