Wavesが大型アップデート「Node 1.0」を公開 スマートコントラクトやNFTの発行が可能に
   公開日 : 2019/06/27

Wavesが大型アップデート「Node 1.0」を公開 スマートコントラクトやNFTの発行が可能に

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

リースド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)コンセンサスを採用したブロックチェーン・Wavesが、スマートコントラクトや非代替型トークン(NFT)の発行を可能にするアップデート「Node 1.0」を公開しました。

デベロッパーは、Waves独自のスマートコントラクト言語「RIDE」で分散型アプリケーション(DApps)の開発を行うことができるようになります。

また、アルゴリズム型ステーブルコイン非代替型トークンもNode 1.0実装後からRIDEを用いて発行できるようになります。

Node 1.0が実際に有効化されるためには、ネットワークの80%の同意票を得る必要があります。アップデートは80%到達から1週間で有効化されることになっています。

Wavesは分散性確立のための特徴的なインセンティブ作りを行なっており、コンピューターの処理能力を他者に貸し出してステーク報酬の一部を得るLPoSコンセンサスメカニズムを採用しています。

記事ソース: Waves

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事