【-85億円】7月のWeb3関連プロジェクトでの被害額が判明
   公開日 : 2022/08/01

【-85億円】7月のWeb3関連プロジェクトでの被害額が判明

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

7月にWeb3関連のプロジェクトで発生したエクスプロイト、ハッキング、詐欺による損失額が6,487万ドル(約85億円)にのぼることがブロックチェーンセキュリティチームCertiKによって判明しました。

7月に起こった事件として被害額が大きかった順に、

  • RAC -$25.2M
  • Creama Finance – $8.8M
  • Fake Uniswap – $8.0M
  • TIGER – $4.5M
  • Nirvana Finance – $3.6M
  • BiFi – $2.2M
  • Teddy Doge – $2.1M
  • Day of Rights – $1.8M
  • Audius – $1.1M

上記の通りとなっており、最も被害額が大きかったRAC(Raccoon Network)では、約33億円の被害が発生しました。

被害が発生したプロジェクトの実際のサイト

Raccoon NetworkはBNB Chain上に構築されたプロジェクトで、すべてのプログラマーがゲームやソーシャル関連のdAppsやそれに関するコントラクトをデプロイできるプラットフォームを提供すると謳い、独自トークン$RACの販売を実施。

トークンに値段が付いた直後に運営による売り抜けが行われトークン価格が暴落、約33億円の被害が発生しました。

分散型ストリーミングサービスのAudiusは、コミュニティトレジャリーから1800万$AUDIOが盗難に遭うなど、Web3分野でのスキャム、ハッキング被害は後を絶ちません。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事