【被害額8.4億円】分散型音楽ストリーミングAudiusでハッキング事件が発生
   公開日 : 2022/07/25

【被害額8.4億円】分散型音楽ストリーミングAudiusでハッキング事件が発生

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

分散型ストリーミングプラットフォーム「Audius」がハッキング攻撃を受け、コミュニティトレジャリーから1800万$AUDIO(現在約8.4億円)が盗まれたことがわかりました。

昨日、公式Twitterでコミュニティのトレジャリーから不正な転送が行われていることを公表したAudiusは、さらなる損失発生の防止を目的にトークンの残高確認、転送などを含めるスマートコントラクト機能を一時停止を実施。その後スマートコントラクト機能を再開したとしています。

Audiusチームは後日、完全な事後分析を公開するとしました。

ブロックチェーンセキュリティ会社「PeckShield」はAudiusについて「問題はimplの間のストレージレイアウトの一貫性がないことにある」と欠陥点を指摘。

盗まれたトークンは108万ドルでUniswapで販売されているとしています。

Audiusは、ブロックチェーンを利用した分散型音楽ストリーミングプラットフォームで、ERC20規格のガバナンストークン$AUDIO等を活用することで、Audiusの楽曲提供アーティストは、従来の中間業社を排除し、自由なマネタイズ方法を選択できます。

記事ソース:beincrypto.comTwitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事