『クラクラ』開発会社マーケティングリード、a16z Gamesに参加
   公開日 : 2022/08/18

『クラクラ』開発会社マーケティングリード、a16z Gamesに参加

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

大手VCのa16zが手掛けるゲームファンド「a16z Games」にSupercell社のダグ・マクラッケン氏が参加しました。

Supercellは人気スマートフォンゲーム「クラッシュ・オブ・クラン 」等を手がけているフィンランドのゲーム会社で、2021年には約22億4000万ドル(約3021億円)の収益をあげています。

マクラッケン氏は、Supercell社のマーケティングリードとして、

  • クラッシュ・ロワイヤル
  • ブロスタ

など、両者共に1億回以上のDL数を誇る人気ゲームを手掛けてきました。

今回の発表について同氏は下記コメントを残しています。

“「私は、世界中のプレーヤーに新しいゲームを提供することにキャリアを捧げてきました。ゲームを0から1にすることに挑戦するのが好きです。

ゲームは文化の原動力となり、絶え間ないイノベーションが私たちの遊び方を変えています。私たちの素晴らしい投資先企業が、世界中のプレーヤーに次世代のゲームを提供できるよう、お手伝いできることを楽しみにしています。 – 引用元:Twitter」”

a16z Gamesはゲームスタジオ、コンシューマーゲーム、インフラストラクチャー分野へ6億ドルの投資を行うとして今年5月に設立されたファンド部門。

チームはtwitch、Twitter、Riot、Microsoft、Oculus、Youtube等の企業での経験を持つメンバーで構成されています。

記事ソース:Statista.com

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事