アメリカ規制当局がBitcoinの世代的影響を語る!
   公開日 : 2018/02/19

アメリカ規制当局がBitcoinの世代的影響を語る!

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  1. 米国議会は消費者保護を優先
  2. 上院議員も仮想通貨に否定的ではない
  3. 米国の規制レベル見直しへ

本記事引用元:CCN.com

暗号通貨(仮想通貨)が進化していくにつれ、各国の政府との関係も発展しているようです。

今月、米国にて暗号通貨の上院銀行委員会で証券取引委員会と商品先物取引委員会の議長は議会に対し、ビットコインに対する連邦政府の監督を拡大することを検討するよう求めました。

ところが議会は、消費者保護を強調し暗号通貨発展を禁止することはなかったようです。

 

ビットコインの世代的影響

CFTC(米商品席者取引委員会)議長のジャンカルロ、上院議員のマイク・クラポらはビットコインがいくつかの政策決定者に与える世代的影響を聴聞会で示しました。

ジャンカルロ氏は「われわれはこの世代に仮想通貨に対する熱意を尊重するために、慎重かつバランスのとれた対応をする。却下的ではない。」と語りました。

マイク・クラポ氏はビットコインについて話している子どもたちをみて「今の状況は成長している新しい金融問題の領域に入り、信じられないほど面白い。」と語りました。

聴聞会では、ICO、取引プラットフォーム、為替トレードファンド(ETF)、金融犯罪、暗号通貨及びブロックチェーン技術に関連した広範囲の規制上の懸念事項に触れました。

規制上の変更が必要

ジャンカルロ氏らは暗号通貨トレードの規制が現在、連邦ではなく州レベルとされている事実に懸念していることを表明しました。

さらに連邦規則のもとのセキュリティとして分類されるべきではないICOを見ていないことも指摘しました。

また、ETFが主に主に個人投資家をターゲットとした片面市場であるため、SECの作成ルールは先物契約よりも厳しくしなければならないと説明しました。

これらのルールが後日満たされれば、SECはビットコインETFに対するスタンスを見直すことになることも述べました。

通貨の集中管理を妨げるために発明された仮想通貨ですが、現状は既存の金融システムにいかに統合できるかが主流となっていますね
暗号通貨業界と規制当局がお互いに何を考えているのか学ぶ機会が増えると良さそうです

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事