Ankr、最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化
   公開日 : 2022/07/20

Ankr、最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

世界最大手のWeb3インフラプロバイダーAnkrがAnkr Network 2.0を発表。最新のホワイトペーパーによると、これは「Web3インフラのための分散型マーケットプレイス」であるという。このアップグレードにより、Web3の成長を支える重要なインフラとなる分散型製品およびサービスが完全なパッケージで提供される。

ブロックチェーンの基盤となるサーバー(ノード)インフラの大部分が中央集権的な企業やデータセンターにホストされているため、Web3は、それほど分散化されていないという声が以前から聞かれていた。Ankr 2.0は、この重要な問題を新しい分散型ウェブサービスで解決する。これが、独立したノードオペレータが開発者やdAppsをブロックチェーンに接続し、同時に報酬を得ることができるプロトコルである。

 Ankr 2.0があれば、Web3が分散化するのは間違いない。ブロックチェーンが1つのネットワーク上で複数のインフラプロバイダーと連携できるようにすることは、スピード、信頼性、分散化のすべての側面において、常に望まれていたことだ。Ankr Networkがあれば、それが可能になる。今後数年間のうちにインフラを大きく普及させるために革新を続けることは、業界にとって大きな前進である」と、Ankrの最高マーケティング責任者であるグレッグ・ゴプマン(Greg Gopman)氏は述べる。 

新しいAnkr Networkの作成には、Ankrが中央集権型インフラ事業を分散型プロトコルに移行し、業界初のノードインフラプロトコルを共同で作成するため1年以上が費やされてきた。この完全分散型のAnkr Networkが、すべてのステークホルダーに提供するアップグレードは以下のとおりである。

Ankr Networkのアップグレード情報

フルノードを稼働する独立したノードプロバイダー

独立したノードプロバイダーは、Ankr Network上でトラフィックを提供し、報酬を得ることができる。すでに自らのプロジェクトでフルノードを運用している組織でも、プロジェクトが使っていないときはAnkr Networkに接続し、報酬を得ることができる。独立したノードがAnkrの既存のグローバルネットワークに参加し、データクエリを合理化・簡素化する高度なAPIなどのすべてのブロックチェーンの要求メソッドに対応する。 

開発者が分散型RPCレイヤーに接続

独立したノードプロバイダーがAnkr Networkを動かすということは、このサービスを利用する開発者、dApps、ウォレット、その他すべてのプロジェクトが、ブロックチェーンに接続するための分散化された手段を手に入れたことを意味する。これらの関係者はすべて、ブロックチェーンに要求を行う際にその都度支払いを行い(1日あたり合計約72億)、この収入をノードプロバイダーと、フルノードの確保を支援するステーカーのコミュニティで分配する。

ANKRトークンの有用性向上と、フルノードへのステーキングの初の例

新しい分散型Ankr Networkでは、ANKRトークンがすべてのオペレーションで次のような中心的な役割を果たす。

  • 開発者は、ANKRのオンチェーンデータ(RPCリクエスト)へのアクセス料を支払う 
  • 独立したノードプロバイダーは、ブロックチェーンの要求を処理してANKRを獲得 
  • ネットワークセキュリティのためにANKRをノードに提供し、報酬を共有

誰でもAnkr Networkのフルノードに出資することができ、提供されたすべてのRPCトラフィックに対して報酬を獲得。Ankr Networkは、分散型インフラのマーケットプレイスとエコノミーを構築することで、増え続けるWeb3の利用量に対応し、より多くのステークホルダーがその成長の恩恵を受けられるようなスケーラビリティを実現する。 

サービスを民主化するAnkr DAO

Ankr Networkは、コンセンサスベースの意思決定を促進するため、新たなDAOの枠組みへの運営移行を開始する予定。Ankr DAOは、最初に以下3つのコア分野における意思決定プロセスを民主化する。

  1. プロトコルの成長と報酬にインセンティブを与える、Ankr Treasuryからの資金の割り当てを決定
  2. ノードプロバイダやステーキングなど、プロトコルに触れる様々なシステムの価格設定や収益分配を決定
  3. 業界をリードするAnkrのRPCサービスの次に搭載するブロックチェーンを選択

Ankrについて

Ankrは、業界最大のグローバルノードネットワークを構築し、将来のWeb3の基盤を構築する。現在、50種類のチェーンで毎月約2500億のブロックチェーンの要求に対応し、17のブロックチェーンパートナーのRPCサービスを運営する、業界最大のRPCプロバイダーである。また、Ankrは、dApp開発者がWeb3アプリケーションを迅速かつ容易に構築するためのツール群も提供している。

問い合わせ先:グレッグ・ゴプマン [email protected] 

詳しくは以下で確認されたい。Website | Twitter | Telegram | Reddit | Discord | Medium


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事