Astar Network、JBA年次ブロックチェーンアワードで「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」に選出 | 創業者の渡辺 創太氏は2年連続で「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を受賞
   公開日 : 2022/12/23

Astar Network、JBA年次ブロックチェーンアワードで「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」に選出 | 創業者の渡辺 創太氏は2年連続で「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

マルチチェーン向けスマートコントラクトプラットフォーム「Astar Network」は、日本ブロックチェーン協会が主催する第4回ブロックチェーンアワードのプロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。また、Astar Networkの創業者兼CEOの渡辺 創太は、同イベントで2年連続となるパーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

Astar Networkと渡辺 創太は、日本ブロックチェーン協会(JBA)が実施した調査において、日本のWeb3コミュニティで最も人気のある企業として選出されました。JBAは、bitFlyer、コインチェック、マイクロソフト、GMO、EY、デロイト、PwC、KPMG、トヨタ、ConsenSysなど171社からなる日本最大のブロックチェーン協会です。

Astar Networkの創業者兼CEOである渡辺 創太は「日本のWeb3コミュニティから評価されたことを嬉しく思います。日本を代表するブロックチェーンプロジェクトとして、私たちはAstarを通じてWeb3のイノベーションを加速させることに引き続き尽力していきます。2023年以降、私たちは日本でのプレゼンスを活用し、起業家、開発者、そしてユーザーの機会を解放していきます。」とコメントしています。

Astar Networkは、日本におけるレイヤー1チェーンのリーディングカンパニーです。PolkadotのParachainとして、開発者が相互運用可能なdAppsの構築を可能にします。EVMとWASMのスマートコントラクトをサポートし、クロスコンセンサスメッセージング(XCM)とクロスバーチャルマシーンメッセージング(XVM)を備えています。

日本政府がWeb3を国家戦略として掲げる中、渡辺 創太はその道筋を支援しています。また、SotaはForbesの30 Under 30でアジアと日本の両方で紹介されています。また、日本のトップ起業家の一人にも選ばれ、Forbes JAPAN誌の最新号の表紙を飾っています。

Astar Networkは、日本のWeb3分野の開拓に興味を持つ開発者や企業にとって最適なブロックチェーンです。また、日本の厳しい上場規制にもかかわらず、同国から初めて上場したパブリックブロックチェーンでもあります。AstarのネイティブトークンであるASTRは、日本政府によって証券ではなく暗号通貨として登録されています。

Astar Networkについて

Astar Networkは、EVMとWASMスマートコントラクトによるdAppsの構築をサポートし、クロスコンセンサスメッセージング(XCM)とクロス仮想マシン(XVM)による真の相互運用性を開発者に提供します。私たちは開発者による、開発者のためのプロダクトです。AstarのユニークなBuild2Earnモデルは、開発者が書いたコードと構築したdAppに対して、dAppステーキングメカニズムを通じて支払いを受けることを可能にします。

Astarの活気あるエコシステムは、すべての主要取引所とティア1 VCによってサポートされ、世界的にPolkadotの主要なParachainとなっています。Astarは、開発者がdAppsの構築を開始するために、すべてのEthereumとWASMのツールの柔軟性を提供します。

メディアからの問い合わせは、以下までご連絡ください。
Maarten Henskens、[email protected]

詳細については、以下をご覧ください。
ウェブサイトTwitterDiscordTelegramGitHubReddit


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事