スタバでビットコイン決済が可能に!NY証券取引所の親会社やスターバックスらが新事業を発表
   公開日 : 2018/08/04

スタバでビットコイン決済が可能に!NY証券取引所の親会社やスターバックスらが新事業を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!1. NYSEの親会社であるICEが仮想通貨プラットフォームの立ち上げを発表

2. BCG、マイクロソフト、スターバックス等が参画

3. ICEのCEOは、ビットコインが最初の世界通貨に発展することを期待

記事ソース: Business Wire

8月3日、ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が、仮想通貨における法的規制に則ったグローバルなエコシステム創出を目的として、新会社Bakkt「バックト」の立ち上げを発表しました。

BCG、マイクロソフト、スターバックス等が参画

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が今回設立した新会社Bakktは、マイクロソフトやスターバックス、ボストンコンサルティンググループといった大手企業と連携し、マイクロソフトクラウドシステムを利用した、仮想通貨の売買や保有、決済を可能とするプラットフォームを、個人投資家や機関投資家に対し提供するようです。

これにより、スターバックスでのビットコイン決済も可能になるようです。

サービスは11月のローンチを予定しており、ICEの会長兼最高経営責任者であるジェフリー・スプレッチャー氏は、フォーチュン誌とのインタビューで、ビットコインが最初の世界通貨に発展することを期待しており、Bakktがビットコインをさらにセキュアなものにすることで、ETFでの取引を可能にすることがゴールであり、最終的にはクレジットカードを置き換えるかもしれないと語っています。

sota
スタバ大好き人間としては嬉しい限り!
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事