“猿のNFT”のBAYCがホルダー向けに新たなミントイベントか
   公開日 : 2022/12/21

“猿のNFT”のBAYCがホルダー向けに新たなミントイベントか

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

人気NFTプロジェクトであるBAYCこと、Bored Ape Yacht Clubが新たな計画があることが発表されました。

明日(12月22日)から、BAYCの新しい章が始まるショートフィルムが始まります。とツイートしています。詳細はまだわかりませんが、何か新しい動きがあるそうです。

また、同ツイートのスレッドに1月下旬にBAYCとMAYCホルダー向けにインタラクティブなミントの体験会が頭に浮かぶとツイートされています。こちらも詳細は不明ですが、2023年の企画が計画されているようです。

今回のイベントでは、Tireが用意されているようでBAKCも所有しているBAYC、MAYCホルダーは独自のTireになると発表されています。Tireについて解説された画像が公開されています。$APEを消費する仕組みも用意されているようです。

ショートフィルムの公開は、明日22日からでミント体験会は2023年1月下旬となっています。どちら情報もまだ不明なところがある状態ですが、どういった動向になっていくのか注目です。

運営は、公式のニュースサイト、Discord、Twitterで情報の相互参照をしてください。DMを送ったり、サプライズミントを用意したりすることは決してありません。と同スレッドで、呼びかけています。フェイクアカウント等にご注意ください。

記事ソース:Bored Ape Yacht Club Twitter

画像:T. Schneider / Shutterstock.com


免責事項

・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。
・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。
・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。(その他の免責事項はこちら)

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事