中国・北京市朝陽区で仮想通貨関連のイベント開催が禁止に
   公開日 : 2018/08/24

中国・北京市朝陽区で仮想通貨関連のイベント開催が禁止に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

中国の北京市朝陽区で、ブロックチェーンや仮想通貨のイベントが禁止されました。

8BTC.comの共同設立者レッド・リー氏が、朝陽区当局が同区のホテルやオフィスなどに向けたブロックチェーンや仮想通貨のイベントを禁止する通達をTwitterに掲載しました。

中国は昨年から仮想通貨取引を禁止しており、今回の措置もその延長とみられています。

ただし、禁止措置は朝陽区のみであり他の地区では確認されていないため、あまり業界には影響を及ぼさないだろうと考えられています。

ベンチャーキャピタル企業のDanhua Capital(DHVC)でディレクターを務めるダヴィー・ワン氏は、「赤字タイトルの文書は基本的に政府発行を意味するが、朝陽区は中央権力の象徴的な地区で、規制に公式な文書を必要としない」と述べました。

また、中国でICOが違法とされて9月4日で1年が経とうとしており、ワン氏は「中国政府は、再び何らかの禁止措置を起こすかもしれない」と警告しました。

記事ソース:China shuts down blockchain news accounts, bans hotels in Beijing from hosting cryptocurrency events

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事