バイナンス、身分証明(KYC)なしの出金上限を1日0.06BTCまで引き下げ
   公開日 : 2021/07/28

バイナンス、身分証明(KYC)なしの出金上限を1日0.06BTCまで引き下げ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

暗号通貨取引所バイナンスは、身分証明(KYC)なしのアカウントの出金上限を1日0.06BTCまで引き下げることを発表しました。

今までは、「Basic Account Verification」のみを完了したアカウントの1日あたりの出金限度額が2BTCでしたが、BTCの値上がりや規制警告などの影響からか、0.06BTCに引き下げられます。

現在(2021年7月28日)のBTCの価格だと、2BTCは約860万円です。これは多額の資金を身分証明なしで出金できてしまうことで、マネーロンダリングや犯罪グループの資金として利用されることが懸念されます。リスク軽減のため、0.06BTCまで引き下げることになったと考えられます。

0.06BTCでも、約25万円なので投資家などでない一般的なユーザーであれば、そこまで不便はないはずです。また本人確認を完了させれば、1日100BTCまで出金できるようになるようです。

既存のユーザーで「Basic Account Verification」のステータスの出金制限は、8月4日〜23日の間に実施される予定です。新規ユーザーで『Basic Account Verification』ステータスの出金制限は、0.06BTCの制限がかかっているそうです。

暗号通貨市場が2021年に入り、スポンサー提供やNFTなどで注目され続けていることから、今までと違った目を向けられる業界に変わっていくことになるでしょう。

画像:shutterstock

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事