Binance.US.のCEOにアメリカ通貨監督庁、元Coinbase幹部であるBrian Brooks氏が就任

Binance.US.のCEOにアメリカ通貨監督庁、元Coinbase幹部であるBrian Brooks氏が就任

Binance.US.CEOとして元通貨監督庁にも在籍していたBrian Brooks氏を迎え入れることを発表しました。

同氏は元Coinbaseの幹部でもあり、トランプ政権下では通貨監督庁(OCC)の事務所長を務めた経験もあります。今回の就任に際して、規制遵守へのコミットメント強化を目指していると語っています。

Binance及びBinance.US.はいずれも、ここ最近コンプライアンス強化に腐心しています。Binanceは先月、米国上院で数十年、駐中国大使として働いていたMax Baucus氏を採用しました。米国の規制情勢の把握、対応などを任せると発表しています。

暗号資産業界全体においても、ここ数週間で多くの元政府高官が採用されています。先月、Coinbaseは証券取引委員会の元役員Brett Redfearn氏を資本市場部門の担当者として迎え入れ、暗号資産運用会社One Riverは、元SEC会長のJay Clayton氏を採用しています。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhaoは「Brooks氏は、金融業界と政府、デジタル資産業界と幅広い貴重な経験を持つリーダーであり、彼の知識や専門性は、Binance.USが成長を継続するために非常に重要です」とコメントをしています。

 

ソース:The Block

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks