bitbankがFlare Networkのトークンスパーク / $FLR の取扱いへ
   公開日 : 2022/08/12

bitbankがFlare Networkのトークンスパーク / $FLR の取扱いへ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

bitbankがFlare Netowrkのネイティブトークンであるスパーク / FLR の取扱いを近日中に開始する方針で発表しました。

Flare Networksは、2020年8月にRipple社が発行するXRP保有者に対し、スパーク/$FLR をエアドロップをすることを発表していました。

Flare NetworkはRipple社の投資部門「Xpring」からの支援を受け、XRPレジャー上にスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクトです。

Flare NetworksはObservation Modeとしてローンチされ、Observation Mode開始時点ではFlare Foundationがすべてのネットワークバリデータとなっていますが、期間中にバリデータの権限を徐々に外部のプロバイダに移転させていくことで、ネットワークの分散化を図るのが目的です。

充分な権限移転ができるよう、最低8週間はObservation Modeが継続される予定です。

記事ソース : bitbank

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事