ビットコインのマイニングハードウェア製造などを手掛けるビットフューリー・グループが19日、新型ビットコインマイニングハードウェア発表しました。

発表によると、この新型のマイニング装置にはビットフューリー・クラークという特化型のASICチップが使われているといいます。

ビットフューリー・クラークは、SHA-256というビットコインのマイニングに使われているハッシュ関数に特化しており、ハッシュレートは最大120ギガハッシュ毎秒(GH/s)、電力は55ミリジュール毎ギガハッシュ(mJ/GH)が実現できると発表しています。

また、電源の電圧は0.3ボルトまで抑えることが可能とも発表しています。

このビットフューリー・クラークASICは、ビットフューリーのマイニングサーバやブロックボックスなどのビットコインマイニングハードウェアに組み込まれるほか、カナダ、ノルウェー、アイスランド、ジョージアにあるマイニングセンターにも導入されるもようです。

ビットフューリー・グループは2011年に設立された、ブロックチェーンに関連するハードウェアとソフトウェアを提供する企業です。

ビットフューリーのASICチップは、数多くのマイニングプールに提供されており、マイニングハードウェアでは多くのシェアを占めています。

記事ソース:Bitfury Launches New Suite of Bitcoin Mining Hardware