BitMEXと創業者がマネロンの罪で新たに起訴される
   公開日 : 2020/10/19

BitMEXと創業者がマネロンの罪で新たに起訴される

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号資産デリバティブ取引を提供するBitMEXとその創設者が、マネーロンダリングや市場操作などの疑いで再度起訴されました。

BitMEXは以前、10月1日にCommodities Futures Trading Commission (CFTC) とU.S. Department of Justice (DOJ) により2つの起訴を受けています

今回の起訴では、モスクワの住人Plaintiff Dmitry Dolgov氏が、BitMEXの内部取引デスクが直接的に市場操作に関与していると主張しています。弁護団はBitMEXに対し、裁判で決定される賠償金と共に懲罰的損害賠償として50億円規模を請求する姿勢です。

先日、BitMEXは10月1日の訴訟を受けCEOのArthur Hayes氏をはじめとした4人の被告人が執行役員を辞任しています。また、CEOの辞任を受けて、COOのVivien Khoo氏が暫定的なCEOとなります。さらに、同じく被告人であるSamuel Reed氏もCTOを辞任しました。

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事