大手携帯電話メーカーBlackBerry(ブラックベリー)が4日、ブロックチェーン技術を活用した医療プラットフォームを開発すると発表しました。

ブラックベリーは、キーボードの付いた携帯電話で一世を風靡し、世界第2位のシェアにまで登り詰めた大手携帯電話メーカーです。

ブラックベリーはバイオテック企業のONEBIOと提携し、ブロックチェーン技術を活用した、「超安全」な医療プラットフォームの開発を行なっていくと発表しました。

この医療プラットフォームは、患者や研究所、IoT関連のデバイスから医療データを保存し、それを匿名化して研究者にシェアされる仕組みだといいます。

かつて一世を風靡したブラックベリーですが、現在の携帯電話のシェアは驚くほど微小です。

ブロックチェーン事業で再び日の目を見ることはあるのでしょうか、期待が寄せられています。

記事ソース:BlackBerry Brings its EoT Vision to Healthcare to Improve Patient Outcomes