稼げる高速ブラウザBraveがBinanceウィジェットに対応
   公開日 : 2020/05/01

稼げる高速ブラウザBraveがBinanceウィジェットに対応

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

閲覧することで広告をブロックして、トークンがもらえるWebブラウザのBraveがBinanceのウィジェットに対応し、シームレスな暗号資産の取引や管理が可能になりました。

Braveは4月30日にBinanceのウィジェットに対応したBraveのバージョン1.8.86を正式に公開しました。

ウィジェットへの対応は3月24日に発表され、今まではベータ版が新機能に対応していました。ウィジェットでは、バランスの確認(Summary)、入金(Deposit)や購入(Buy)、そして資産の交換(Convert)を行うことができます。

ウィジェットを利用することで、ユーザーはBinanceまたはBinance. USへ簡単にアクセスすることができます。現在、対応しているのはデスクトップのみで今後はモバイルにも対応予定となっていると明かしています。

記事ソース:Brave

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事