BTCをETHへブリッジできるtBTCが公開2日後にシャットダウン
   公開日 : 2020/05/19

BTCをETHへブリッジできるtBTCが公開2日後にシャットダウン

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ビットコインをイーサリアムへ分散型のカストディアンを通じてブリッジさせるプロジェクトtBTCが、公開から2日後にシャットダウンされました。

https://twitter.com/mhluongo/status/1262261372714455042?s=20

tBTCは5月16日にイーサリアムのメインネットでローンチされ、2日後の18日に後援会社Thesisの創設者Matt Luongoの判断によってシャットダウンされました。

公式表明は無いものの、ThesisのエンジニアAntonio Salazar Cardozoが発見したスマートコントラクトのバグによるものだと考えられています。

tBTCはマルチシグネチャーを用いて集団でビットコインを保管しつつ、いつでもビットコインを引き出すことができるtBTCトークンをイーサリアム上で発行するプロジェクトです。

これにより、ノンカストディによるブロックチェーン間のブリッジが可能になります。

記事ソース:Twitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事