米司法省がビットコイン価格操縦に関して調査を開始
   公開日 : 2018/05/25

米司法省がビットコイン価格操縦に関して調査を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!1.米司法省が何者かが仮想通貨の市場操作をしているとして調査を開始
2.操作は米司法省と米検事が連携して行う
3.調査対象はBTCとETHで両者は見せ玉や馴合売買によるものだと見て操作を進めている

記事ソース:Bloomberg

Bloombergは今月24日、米司法省がビットコイン(BTC)相場が何者かによって価格操作されているとして操作を開始したと報じました。

Bloombergは匿名筋からの情報として、米連邦検事と米商品先物取引員会(CFTC)が共同で捜査を行なっていると報じました。両者は価格操作が見せ玉や馴れ合い売買などの不正行為によって行われていると見て捜査を進めています。

見せ玉と馴合売買とは?
見せ玉行為はSpoofingとも呼ばれ、大量の注文を出しておきながら実際には実行しないことを指します。以前仮想通貨市場でSpoofyと呼ばれる正体不明のグループがこの行為を行なっていたことで知られています。一方の馴合売買とは、一人が売りを出し、別の者がその注文を買い付け、市場が活発だと見せかける行為を指します。

Bloombergは今回の調査ではビットコインのみならず、イーサリアム(ETH)も捜査の対象になっているとしています。

kaz
仮想通貨はかなり価格操作されてそうなイメージ

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事