韓国企業が初のウォン連動型ステーブルコインKRWbをローンチ
   公開日 : 2019/02/02

韓国企業が初のウォン連動型ステーブルコインKRWbをローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

韓国のフィンテックB×B Inc.は初となる韓国ウォン(KRW)連動型のステーブルコイン「KRWb」をローンチしました

Mediumに投稿されたポストによると、KRWbは最初は分散型取引所のAirSwap上でベータバージョンとしてローンチされるようです。その後、韓国および世界中の分散型取引所にて取引可能になる予定です。

KRWbはERC-20トークンで、韓国ウォンに1:1のレートでペグされています。B×B Inc.は現在4億ウォン(約3920万円)を準備金として用意しています。また、購入はBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、韓国ウォン(KRW)、米ドル(USD)、True USD(TUSD)などの通貨に対応しています。

CRYPTO TIMESでは先日「Bitsparkが初の香港ドル連動型のステーブルコインをローンチした」と報じましたが、現在ステーブルコイン市場には様々な通貨と連動したトークンが登場してきており、今後市場には様々なステーブルコインが出回ると予想されます。

記事ソース: B×B

kaz
そのうち全ての国の通貨ごとにステーブルコインが存在するようになるのかな

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事