Chainlinkが米大手Oracleと提携 175カ国43万人にアプローチが可能に
   公開日 : 2019/06/29

Chainlinkが米大手Oracleと提携 175カ国43万人にアプローチが可能に

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。

分散型オラクルネットワークのChainlinkが米IT大手Oracleと提携を結んだことが分かりました。

今回の提携により、Oracle社が手がけるOracle Blockchain Platform上でChainlink(技術)を利用できるようになります。

Oracle社は、今後Chainlinkと共に世界175カ国・43万人の顧客にアプローチすることを決定しており、詳細に関しては9月のOracle Code Oneで発表するとしています。

Chainlinkはブロックチェーン内外の相互運用性(インターオペラビリティ)の実現を目指すプロジェクトで、プラットフォームの暗号通貨「LINK」は先日Coinbase Proに上場しました。

ChainlinkはこれまでGoogleやSWIFT(国際銀行通信協会)などの企業・機関とも提携を結んでおり、注目を集めています。

記事ソース:BLOCKONOMI

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事