Chainlinkが米大手Oracleと提携 175カ国43万人にアプローチが可能に
   公開日 : 2019/06/29

Chainlinkが米大手Oracleと提携 175カ国43万人にアプローチが可能に

ユッシ

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAPPSやブロックチェーンゲームなどに興味を持つように。仮想通貨メディアのライターとして約2年間活動する実績の中でブロックチェーン・仮想通貨の基礎的な知識から専門的な内容まで幅広く発信中。Twitter:@cryptoyusshi

分散型オラクルネットワークのChainlinkが米IT大手Oracleと提携を結んだことが分かりました。

今回の提携により、Oracle社が手がけるOracle Blockchain Platform上でChainlink(技術)を利用できるようになります。

Oracle社は、今後Chainlinkと共に世界175カ国・43万人の顧客にアプローチすることを決定しており、詳細に関しては9月のOracle Code Oneで発表するとしています。

Chainlinkはブロックチェーン内外の相互運用性(インターオペラビリティ)の実現を目指すプロジェクトで、プラットフォームの暗号通貨「LINK」は先日Coinbase Proに上場しました。

ChainlinkはこれまでGoogleやSWIFT(国際銀行通信協会)などの企業・機関とも提携を結んでおり、注目を集めています。

記事ソース:BLOCKONOMI

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事