ヨーロッパのチェコ地下鉄にビットコインATMが設置される
   公開日 : 2018/05/29

ヨーロッパのチェコ地下鉄にビットコインATMが設置される

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!1.General Byteがチェコの地下鉄に新たにBTCATMを設置
2.チェコの地下鉄は利用客も多く、ヨーロッパの中でもっとも混雑している場所の一つ
3.General Byteは世界に3000台あるうちの27%を製造している

記事ソース:Coin ATM Rader

ビットコインATMを製造する企業として世界最大の規模を誇るGeneral Byteチェコ共和国の地下鉄の駅に新たにビットコインATMを設置すると発表しました。この機械で地下鉄利用客は簡単に法定通貨と仮想通貨を両替することができます。

統計によればプラハの地下鉄利用者は1日に200万人にも登るとされており、ヨーロッパでもっとも混雑している箇所の一つとして知られています。

今回新たにATMが導入されたのはt Skalka, Flora, Zlicin, Florenc, Nadrazi Veleslavin, Cerny Most, Pankrac, Hlavni Nadrazi, and Dejvickaの9駅でさらに詳しい設置場所などはこちらのサイトから確認することができます。

プラハは仮想通貨が市民に浸透している都市で、ATMの設置は将来的にビットコインの価格にポジティブな影響を及ぼすと見られています。

現在世界には3000台を超えるビットコインATMが設置されており、General Byteはそのうち27%のシェアを保有しています。これらのATMは仮想通貨に関する規制がなかったり、比較的ゆるい規制を施行している国に多く設置されているといいます。

kaz
いまだにビットコインの明確なユースケースがイマイチわからない…

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事