中国で100万台のコンピューターがクリプトジャックされる、被害額は200万ドル
   公開日 : 2018/07/10

中国で100万台のコンピューターがクリプトジャックされる、被害額は200万ドル

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.中国で100万台以上のコンピューターがクリプトジャックされる
2.犯人らは200万ドル相当の通貨を不正に得たとして逮捕された
3.犯人らは反抗がバレないようにあえてマイナーな通貨を狙っていた模様

記事ソース:Legaldaily

中国で仮想通貨マイニングを行うマルウェアが100万台以上のコンピューターをクリプトジャックし、200万ドル(約2.2億円)相当の仮想通貨を採掘したと報じられました。

犯人らはマイナーな通貨を違法にマイニング

現地メディアが今週月曜日に報じたところによると、中国大連市の警察はコンピューターテクノロジー関連会社の社員20人を大量のコンピューターを遠隔操作し、違法にマイニングの利益を得たとして、逮捕しました

犯人らは開発したマルウェアをブラウザ向けプラグインに埋め込んだとされています。これらのプラグインはブラウザを高速化する目的などがあり、広告として中国国内で500万台のコンピューターで表示されていました。

警察によると、広告をクリックしてプラグインをインストールした100万台以上のコンピューターが次々に感染し二年間で合計2600万のdigibyte、decred、siacoinを採掘したそうです

犯人らはバックエンドでマイニングを行い被害者らに気づかれないようにしていたため、膨大な計算能力を必要としないマイナーな通貨を選んでいたとされています。

さらに、犯人らはネットカフェなど100以上の関係者と提携関係を築いており、マルウェアを広めるためのネットワークを構築していたと警察は明かしました。

中国では以前にもネットカフェの保守会社がマルウェアを仕込み、不正にsiacoinをマイニングするという事件があり、中国警察は警戒を強めています。

kaz
なんか、中国らしい事件なのかな
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事