大手決済業者のCircleがアメリカで銀行ライセンスの取得を目指していると報じられる
   公開日 : 2018/06/07

大手決済業者のCircleがアメリカで銀行ライセンスの取得を目指していると報じられる

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!1.Circle社がアメリカで銀行ライセンスの取得を目指していると報じられる
2.同社は銀行ライセンスを取得することで事業の効率化およびコスト削減を狙う
3.一方で証券取引委員会から仮想通貨取引所としての認可の取得も進めているとされる

記事ソース:Bloomberg

Bloombergアメリカの大手決済事業者のCircle(サークル)が規制当局と連携し、銀行ライセンスの取得および、証券取引所としての登録を目指していると6日に報じました。

Circle(サークル)社ってどんな企業?

circle

Circleは送金アプリを提供する傍、仮想通貨取引所のPoloniexの買収や法定通貨連動の通貨の開発など仮想通貨事業にも積極的に取り組んでいます。

現在はCircle Investという仮想通貨取引アプリを配信しており、初心者でも簡単に仮想通貨取引を始められるようになっています。

Circleは銀行ライセンスと証券委員会からの認可の取得を目指す

CircleのCEOを務めるJeremy Allaire氏はBloombergのインタビュー内で同社が仮想通貨業者として国家レベルで初のライセンスを取得するスタートアップになると期待しているとコメントしました。

 

「連邦準備制度理事会と協力していく、中央銀行システムに仲介者なしでアクセスする、世界の銀行と直接的に取引をする、これらのことは我々が提供する商品の効率性を向上させ、コストを削減可能にする。」

現時点でCircle社は州レベルで送金事業者として管理されており、50の異なる規制を守る必要があるほか、他の州での営業に関しても厳しい規制が敷かれています。

一方Circle社は銀行ライセンス取得の前にアメリカ証券取引委員会(SEC)から取引所として認可を受けることにも注力していると言います。これは同社が先日買収したPoloniexがより容易に事業を展開できるようにするという目的があり、申請が認められればICOのトークンなども取り扱いが可能になります。

kaz
Circleものすごい勢いで会社拡大してますね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事