derivatives
この記事の3つのポイント!
1.CMEがイーサリアムのベンチマークとリアルタイムインデックスを提供開始
2.データはKrakenとBitstampから引用したデータに基づいて算出
3.これらのインデックスはCMEの監督委員会の監視下に置かれる予定

記事ソース:CME group

アメリカのシカゴに拠点を置く商品先物取引所・金融先物取引所であるシカゴマーカンタイル取引所(CME)がイーサリアムの基準レートとリアルタイムのインデックスの提供を開始したことを発表しました。

CMEはイギリスの取引所であるCrypto Facilitiesと提携し、毎日のアメリカドルでのベンチマーク価格とリアルタイムでの価格を提供するとしています。同社の発表によると、これらのインデックスはKrakenとBitstampからデータを引用し、算出されています

すでにCMEグループとCrypto Facilitiesの両方のウェブサイトでこれらのインデックスは閲覧可能となっており、CMEグループのプラットフォームには6月4日から提供が開始される予定です。

Crypto FacilitiesのCEOを務めるTimo Schlaefer氏は

イーサリアムは世界第二位の規模を誇る仮想通貨で、2017年には大きな成長と適応を経験しスマートコントラクトとブロックチェーンをリードする存在へと進化した。我々は、この強固なコミュニティに参加し、イーサリアムのベンチマークとリアルタイムのインデックスを提供することを楽しみにしている。

とコメントしました。

発表によると、新たに公開されるインデックスはCMEグループによって組織されたビットコイン監督委員会によって監視下に置かれると言います。

kaz
相次ぐ金融機関の仮想通貨採用…