大手取引所Coinbaseがヘッジファンドから200億ドルを預かっていると報じられる
   公開日 : 2018/07/22

大手取引所Coinbaseがヘッジファンドから200億ドルを預かっていると報じられる

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Business Insiderは、アメリカの大手仮想通貨取引所のCoinbaseが資産保管サービスとしてヘッジファンドから200億ドル(約22.3兆円)を預かっていると報じました。

Coinbaseは今月からカストディサービスを開始

Coinbase社は今月始めに大規模な機関投資家向けのカストディサービス(資産保管サービス)「コインベース・カストディ」を開始した事が報じられています。

Business Insiderは、Coinbase社が匿名のヘッジファンドから200億ドルの資産を預かり、保管サービスを開始したと報じました。また、それに加えて同社が他のヘッジファンドとの提携も検討しているとしています。

Coinbase社が提供するカストディサービスはアメリカ証券取引委員会(SEC)の基準に準拠したElectronic Transaction Clearing(ETC)というブローカーを通じて提供されるため、十分な安全性が確保されているようです。

今回のCoinbase社の決断に対して、Cornell UniversityのRobert教授は以下のようにコメントしました。

「今回のCoinbase社の決断は、同社の仮想通貨取引所の存在を考えれば、矛盾した利害関係が生まれている。これは、かつて証券会社が運用と保管という二つの役割を一つに統合しようと試みた際にSECが指摘した事を思い出させる。」

kaz
200億ドルってすごい金額だな…

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事