仮想通貨取引所「コインチェック」、今冬にフィナンシェトークンのIEO実施へ
   公開日 : 2022/12/21

仮想通貨取引所「コインチェック」、今冬にフィナンシェトークンのIEO実施へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

国内仮想通貨取引所コインチェックで、今冬にフィナンシェトークン($FNCT)のIEOが実施されることが分かりました。

フィナンシェトークンを手掛ける株式会社フィナンシェ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國光 宏尚)は、昨年11月にコインチェックとIEOによる資金調達実現に向けた契約を締結。

契約当初、2022年夏までを目指していたIEOが、今冬実施されることとなります。*IEOの詳細は決定次第、発表予定

フィナンシェは今回の取り組みについて公式プレスリリースの中で下記コメントを残しています。

“「フィナンシェは、「Empowering the next billion dreams(10億人の挑戦を応援する)」を掲げ、ブロックチェーンを活用したトークン発行型のクラウドファンディングサービス「FiNANCiE」やNFT事業、IEO支援事業などのトークンを活用したコミュニティおよびエコシステムの形成を支援する事業を展開しています。

今回、コインチェックとのIEOにより発行した暗号資産FNCTとFiNANCiEにて各コミュニティが発行しているトークンと組み合わせることで、FiNANCiEのサービス内に閉じていたクリエイターエコノミーをグローバルエコシステムへ発展させていきたいと考えています。(一部省略) – 引用元:PR TIMES」”

今回発行・販売が予定されているフィナンシェトークン($FNCT)は、トークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」で発行されているコミュニティトークン同士を効果的に繋げ、トークンの価値を長期的に向上させるための役割を担うとしています。

フィナンシェトークンの役割のイメージ | 画像引用元:PR TIMES

今回、IEOの実施を発表したコインチェックは、2021年に国内初の事例となるIEO(第1弾)を実施し、パレットトークン($PLT)の販売を行なっています。

記事ソース:CoincheckPR TIMES

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事