FXトレーダーseinの『仮想通貨FXのトリセツ』
2018/01/26

FXトレーダーseinの『仮想通貨FXのトリセツ』

sein

sein

為替と仮想通貨をまたにかける普通の専業トレーダー(仮) 投資、ライティング、とりあえず何でもやってみるスタイル。 ビットコインFXにおけるアラタは俺が育てた。

Crypto Timesをご覧の皆さん初めまして。

今回、Crypto Timesにてコラムを寄稿させていただくことになりましたFXトレーダーのseinです。

ビットコインFXにおいてのアラタは私が育てました

こんな、生意気にBitMEXの使い方を書いていますが、彼を育てたのは私です。断言します。

今回は『なぜ私が仮想通貨にたどり着いたのか』についてお話させていただきたいと思います。

投資との出会い

私が初めて投資をしようと思ったきっかけは単純明快面白そうだから』です。

基本的に何事にもチャレンジする精神なので、何の躊躇もなく始めることができたのを今でも覚えています。

あれは2010年頃、最初に触ったのは為替FX(外国為替証拠金取引)で右も左も分からずに完全に雰囲気で始めたのがきっかけでした。笑

当初はレバレッジがあるから利益も損益も大きくなるハイリスクハイリターンなものだと理解していたのに、数万円を元手に増えても減っても数百円を行ったり来たり。(当時は、数量とかを理解してなかったため)

「なんだこれ、全然儲からないじゃん」

これが最初の感想でした。

大損はしてないけど猛勉強

よく聞くのは「初めてやって○○○万円損したから、それから猛勉強して勝てるようになりました」みたいなのですが、私の場合は幸いにも違いました。

気になることはトコトン調べる癖があるせいか、FXについてもネットからの知識を頼りに独学で知識を身につける日々。

そのおかげでトレードのスキルも磨くことができたのかなって思います。

為替FXBO仮想通貨

FXでのスキルをもとにバイナリーオプション(以下BO)にも手を出し順調に資産を増やしていきます。特にBOでは一気に資産を増やすことができました。

そして20173月ごろから仮想通貨に着目するわけですが、最初は大して情報も仕入れてない上に現物はテクニカルも効かない状態ということもあってあまり触りませんでした。

そして仮想通貨FX

そんな中、ビットコインでもFXができることを知って早速bitFlyerにてビットコインFXを始めました。

今までやってきた為替とはまるで違い、とんでもないボラティリティ(価格の変動幅)に圧倒され、一日に平気で数万~十数万円の変動が起こるこの通貨は私の目にはとても魅力的に映りました。

それからというもの、みんながアルトコインだ草コインだと賑わいを見せている中、私はビットコインFXに夢中になり、ひたすらトレードする日々を送っています。

そして今は国内から海外のBitMEXに戦場を移し100倍レバで戦っているというわけです。

最後に

2017年は何度か暴落をしながらも右肩上がりに価格が上昇してきたビットコインですが2018年からは一体どうなるのでしょうか?

私は現物ガチホというのはどうも性に合いません。

もっとアクティブに!よりエキサイティングに!そういう性格からかFXトレードがしっくりきます。

人それぞれ得意分野や向き不向きがあるので、自分に合った投資スタイルで無理なくやるのがおススメです。

色々な憶測が飛び交う中、現物をガチホも悪くありませんが「仮想通貨で一発当てて夢を見たい」なんて思ってる人はFXにチャレンジするのも一つの手かもしれませんね。

もちろん、ノリと勢いでFXを始めるのではなく、最低限のリスクを知った上で始めましょう

次回は仮想通貨FXに関する損切りに関してを書いていきます。

それでは皆さん良い投資ライフを

関連記事 同じライターから

    同カテゴリの人気記事