MUFGグループ企業とCryptoPieが印鑑と電子で契約可能な契約サービスの実証実験を開始
   公開日 : 2020/11/09

MUFGグループ企業とCryptoPieが印鑑と電子で契約可能な契約サービスの実証実験を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

三菱UFJフィナンシャル・グループのメンバー企業である東銀リース株式会社が、同社が開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービス上で、株式会社CryptoPieが保有するIoT印鑑を用いたサービスを提供する実証実験を開始しました。

今回、東銀リースとCryptoPieは東銀リースが開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービスと、CryptoPieが保有するIoT印鑑に関する当該特許技術を連携させることにより、「紙と電子の契約書をシームレスにつなげ、一元管理できる」電子契約サービスの実現を目指します。

これにより取引先や業務に応じて紙と電子を使い分けることが可能となるため、電子契約導入のハードルを大きく下げ、昨今のデジタル化の潮流を促進する狙いがあります。

東銀リースは以前から従来の第三者機関による認証方式である電子証明書/PKIに依らない、ブロックチェーンの非中央集権性を活かした電子データの認証基盤(特許出願中)と、それを応用した電子契約サービスの実証実験を行っています。

CryptoPieはブロックチェーンコンサルを行っている国内企業です。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事