【仮想通貨】Bitcoin(ビットコイン) の仕組みに関して
2018/01/23

【仮想通貨】Bitcoin(ビットコイン) の仕組みに関して

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部です。

ビットコインは、数ある仮想通貨の中でもダントツで時価総額が大きく、仮想通貨の王様とも言える存在です。

発行された当初は1BTC = 1円以下の価格しかついていなかったビットコインですが (BTCはビットコインの通貨単位) 、2017年12月には1BTCあたりの価格は200万円を越えました

発行されたばかりの頃に数百円でもビットコインを買っていれば、今頃はサラリーマンが一生稼ぐ金額、あるいはそれ以上の含み益を得ていたことになります。

現時点でこれだけ価格が上がっているのならば、これ以上の値上がりは難しいのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。ビットコインにはまだまだ可能性があります。

先進国でビットコイン決済の導入が進めば、更に需要が増し価格は上昇することでしょう

今回はそんな仮想通貨の王様であるビットコインがどのように生まれ、使われているかを解説いたします。

仮想通貨と法定通貨の違い

ビットコインについて学ぶ前に、まずは仮想通貨と法定通貨の違いを簡単に解説します

仮想通貨の大まかな定義は以下のとおりです。

  • 実体がなく (電子データとして存在し、紙幣や硬貨のように触れない)、電子的に移動が可能
  • 不特定を相手に購入・売却ができる
  • 円やドルなどの法定通貨、あるいは法定通貨建ての資産ではない
  • 商品の購入やレンタルをする際の決済手段として不特定の相手に使える

この条件を満たすものは原則としてすべて仮想通貨です。

逆に言えばこの条件のどれか1つでも満たさない場合は仮想通貨ではありません

例えば電子マネーは円やドルなどの法定通貨建て資産であるため、仮想通貨には該当しません。

そして、その仮想通貨の中でいちばん有名なものがビットコインです

ビットコイン以外にも様々な仮想通貨がありますが (ビットコイン以外の通貨はアルトコインと言います) いずれも時価総額・知名度・現時点での使えるお店の数ともにビットコインにはかないません。

ビットコインの歴史

ビットコインが誕生したのは2009年のことです。

2008年に「ナカモトサトシ」が公開した論文を元に、有志の研究者やプログラマーが開発しました。

ナカモトサトシなる人物の招待は現時点では一切明らかになっていません。この名前が本名であるという証拠もなく、国籍、年齢、性別など全てが不明です。

もともとは経済活動のためではなく、論文が正しいのか、仮想通貨は本当に機能するのかを確認するために開発されたものでしたが、次第に経済的な価値を見いだされるようになります

 

ビットコインを用いた史上初の取引は、2010年5月22日に行われました。

 

取引の内容はある開発者が「1万BTCでピザ2枚を買いたい」と冗談半分で発言したところ、これを面白がった別のエンジニアが代わりにピザを注文し、1万BTCと引き換えに最初の開発者のところに送った、というものです(ピザ屋がBTCでの支払いを受け付けたわけではありません)。

仮にピザ2枚で4000円として、この時点でのレートは1BTC=0.4円だったということになります。

 

その後は次第に新規発行分の入手が難しくなったことに伴い価格が上昇

仮想通貨を買いたい人と売りたい人が集まる取引所も誕生し、流動性も大幅に上昇

ビットコインに価値を見出して決済手段として取り入れるお店も増え、それがさらにビットコインの価値を押し上げました。

ビットコインを支えるブロックチェーンの仕組み

ビットコインには政府や中央銀行のような中央管理者がいません。

それにも関わらずビットコインが健全性を保てるのは、ブロックチェーンという技術があるおかげです。

ビットコインの個々の取引 (トランザクション) は、ブロックに格納されます。

これを時系列順に繋いだのがブロックチェーンです。ブロックチェーンとは取引を時系列順にまとめた電子的な帳簿のようなものだと思っていただければ、概ね間違いありません。

ブロックは概ね10分に1回のペースで新規生成され、直前に出来たブロックに繋げられます。

 

ブロックを生成するのは、世界各地に散らばるマイナーと呼ばれる人たちです。

ブロックを生成する行為をマイニングといい、これに成功すると新規発行分のビットコインがもらえます。

これ目当てでマイニングに励むマイナーがたくさんいるので、今日もビットコインのブロックは安全に生成されます。

 

ブロックチェーンはビットコインを利用する多数のユーザーのコンピュータに分散的に保存されます。

分散的に保存されるので、中央のサーバーが停止してサービスが停止することもありません。

また、取引データの改ざんも極めて難しくなっています。過去のブロックを改ざんすると、それよりも後のブロックもすべて改ざんしなければなりません

ビットコインの基本的な仕様

 

  • 総発行枚数:2100万BTC
  • 半減期:約4年に1回
  • 決済時間:10分

 

ビットコインの総発行枚数は2100万BTCです。

2017年12月時点で、すでにその80%に当たる約1680万枚の発行が行われています。

もう少しで新規発行は終わるのかと思いきや、実際に新規発行が終わるのはなんと2140年です

 

誕生から8年で1680万枚も発行されたのに、これから100年以上かけて発行される枚数がわずか420万枚とはどういうことだと思われるかもしれませんが、実はこれにはからくりがあります。

ビットコインを筆頭に、多くの仮想通貨では半減期が定められています。半減期とは仮想通貨の新規発行枚数が半分になるタイミングのことです。

ビットコインも最初は1ブロック生成ごとに50BTC発行されていたのですが、その後2回半減期が来たため、現在は1ブロック生成ごとに12.5BTC発行されるようになりました。

半減期があるため、時間が経てば経つほど新規発行のペースは落ちていきます。

供給過多による価値の下落を防ぐための措置であり、この仕組があるために新規発行終了までにはかなりの時間がかかるわけです。

 

ビットコインの半減期は約4年に1回で、直近の半減期は2016年7月だったので、次の半減期は2020年頃になるものと思われます。

ビットコインはどこで使える?

ビットコインが使えるお店は現状多くありませんが、一部の通販サイトや実店舗で使え、その数は増加傾向にあります。以下にその一部を示しておきます。

 

 

現在では、ビットコイン決済ができる飲食店なども増えてきていたので、今後さらに利用可能な店舗も増えていくと考えられます。

ビットコインが売買できる取引所は?

 

ビットコインはマイニングでも入手できますが、初心者がマイニングを成功させるのは極めて難しいため、基本的には仮想通貨取引所を通じての売買をおすすめします。

仮想通貨取引所は複数ありますが、基本的には取引量が多い国内大手を使うのがサポート体制も充実しており安心です。

Zaif

bitFlyer

Quionex

 

まとめ

  • ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨
  • 当初の価格は1BTC=0.4円程度だったが、今やその価格は100万円以上(12月は200万を越えることも)
  • ビットコインを支えるのはブロックチェーンという技術
  • 総発行枚数は2100万BTCで、半減期は約4年に1回来る

 

ビットコインは現時点では最も将来性が認められており、その結果として、価格が最も高くなっている仮想通貨です。

仮想通貨投資を始めたいと考えている方は、まずは少額でもいいので仮想通貨取引所で取引を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事