暗号資産レンディングスタートアップVauldが2億円相当の資金調達を完了
   公開日 : 2020/12/29

暗号資産レンディングスタートアップVauldが2億円相当の資金調達を完了

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号資産レンディング企業Vauldは、Coinbase Venture、Pantera Capital、Compoundの創設者Robert Leshnerを含む投資家たちから200万ドルを調達しました。

シンガポールを拠点とする同社は、レンディングのみでなく支払いやトレードを含むプラットフォームへと成長させるために使う方針です。

VauldのCEO Darshan Bathija氏は「機関投資家がクリプト領域に参入するのは、銀行システムがクリプトクレジットカードの提供へ統合することで補完されることを見越しているからだ。」と述べた。

先日韓国のブロックチェーン投資グループHashedは120億円の資金調達を完了しています。これはHashedがHashed Ventures, Inc.を9月に登録してから3ヶ月で行われ、大規模で早期の資金調達が目立っています。

記事ソース:The Block

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事