暗号通貨/WEB3.0専門メディア『Crypto Times』のリサーチレポートサイト『CT Analysis』が2023年2月より月額課金(サブスクリプション)型のコンテンツ提供を開始
   公開日 : 2022/12/27

暗号通貨/WEB3.0専門メディア『Crypto Times』のリサーチレポートサイト『CT Analysis』が2023年2月より月額課金(サブスクリプション)型のコンテンツ提供を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

株式会社ロクブンノニ(本社:東京都新宿区、代表取締役:新井 進悟)は暗号通貨/WEB3.0のリサーチレポートサイト「CT Analysis」において、来年2023年2月より月額4,980円〜のサブスクリプションプランの提供を開始します。

CT Analysis について

株式会社ロクブンノニは2018年より暗号通貨メディア『Crypto Times (https://crypto-times.jp ) 』を運営、2020年2月には社内にリサーチチームを立ち上げ『CT Analysis』の提供を開始しました。
2021年9月には『CT Analysis』のサイトリニューアルを行うとともに、レポートの本数を増やし、暗号通貨/WEB3.0に特化したリサーチレポートを提供してまいりました。

今回の発表では、月4,980円〜でのサービス提供を行うことで、多岐にわたる暗号通貨、Web3.0の分野において初心者から上級者 / 事業者といった幅広いユーザーに向けて、従来のリサーチレポートに加え、新しいコンテンツも提供していく予定となっています。

CT Analysisを通じて、個人も事業者もクリプトオタクへ

2021年9月にリニューアルした際にCT Analysisでは、テーマを「あなたをクリプトオタクまで成長させる暗号資産特化レポート」と定義しました。Web3.0という言葉が広く知れ渡っている今だからこそ、初心者や興味のある事業者は暗号通貨(クリプト)やWeb3.0の理解、中級者たちは、さらなる知識の底上げが大事だと考えています。

現在、日本国内においてもWeb3.0を国家戦略にと提言されており、国内でもWeb3.0という言葉が多く使われるようになっています。しかし、Web3.0と言っても、その中身は多くのジャンルに細分化されており、スピード感が早く、英語での情報ソースが殆どなことから、専門家であってもキャッチアップを行うのが非常に難しい領域でもあります。

CT Analysisでは従来のPDF形式のリサーチレポートに加え、リサーチコンテンツの提供を行い、Web3.0 (DeFi、NFT、GameFi、CeFi、DID、Layer1 など) やブロックチェーン関連に関する内容を月に20本以上配信予定です。
また、会員限定のダッシュボードでは、カテゴリ別のプロジェクトをまとめたデータベース機能や新規プロジェクトのリサーチに役立つアラート機能、その他にも多くのツールを提供予定となっております。こちらのツールは現在開発中で順次、提供となります。

Web3.0 Pay-Wall Protocol『Access Protocol』の統合

また、Web3.0 Pay-wall Protocolである『Access Protocol ( https://www.accessprotocol.co/ ) 』とのパートナーを発表しており、リニューアル後のCT AnalysisではAccess Protocolを統合し、彼らのトークンであるACSをStakingすることで、一部のコンテンツの利用が可能になります。
Access Protocolのシステム統合を発表しているメディアはABMedia , CryptoSlate ,Crypto Briefing , Wu Blockchain , THE BLOCKとなり、日本ではCrypto Timesが初のパートナーとなります。

本詳細に関しては下記ページをご確認ください。
( https://crypto-times.jp/cryptotimes-accessprotocol/ )

2018年に創業して今日に至るまでCryptoTimes及びCT Analysisで培ってきた知見やノウハウを活かし、有益な情報をお届け致します。

サービスの提供開始は2月を予定しており、現在も提供中のCT Analysisのサイト内からユーザー登録を行うことで、サブスクサービス開始時にCryptoTimesオリジナルNFTを配布予定です(順次アナウンス)
その他、サービスリリースに関する追加情報は公式Twitterにて発信を行なっています。ご不明点等ある場合はお気軽にお問い合わせください。

CRYPTO TIMES : https://crypto-times.jp
CT Analysis : https://ct-analysis.io
公式Twitter:@CryptoTimes_mag

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事