CT Analysis『スニーカー × NFT 概要と動向レポート』を公開
   公開日 : 2023/01/25

CT Analysis『スニーカー × NFT 概要と動向レポート』を公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が『スニーカー × NFT 概要と動向レポート』を公開しました。

今回の最新レポートや過去のレポートは、アップデートしてさらに読みやすくなったCT Analysisの新ホームページ (https://ct-analysis.io/)よりご覧いただけます。

会員登録することでいつでも、過去のレポートを読むことができるので下記のWebsiteよりアクセスください。

CT Analysis NFT『スニーカー × NFT 概要と動向レポート』について

今回のレポートでは、スニーカー × NFTのプロジェクトをリサーチ、考察した内容となっています。RTFKをはじめ、スニーカー × NFTのプロジェクトの動きが2022年に活発化していきました。プロジェクト紹介、ブランド価値、Phygital(フィジタル)に関して記載してあります。

スニーカー × NFTの事例としては、上記のものが多いです。ホルダー対象へのエアドロップが最も多いユースケースとなっています。コレクションとしては、まだ市場の熱量が少ない状態であります。フィジカルスニーカーのをコレクションするような熱狂的な文化はまだ生まれていないと言えます。

本レポートでは、7プロジェクトにフォーカスしてレポート作成をしています。国内外、両方のプロジェクトをリサーチしました。RTFKT、.SWOOSHのNIKE関連のプロジェクトはWeb3の文脈でも確立したポジションを築いています。10KTFもYuga Labsに買収され、傘下としてプロジェクトを進めています。これらのプロジェクトには特に注目をしてください。

レポート後半にPhygital(フィジタル)に関して記載してあります。海外メディアでも報道されるようになってきたPhygital NFTに関して事例とともに触れています。スニーカー × NFTとPhygital(フィジタル)は密接な関係となっていくため、この辺りもしっかり把握しておくことを推奨します。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、3年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事