CT Analysis 『2022年12月 Ethereumの高いスケーラビリティを実現するStarkExとStarkNetの解説レポート』を無料公開
   公開日 : 2022/12/24

CT Analysis 『2022年12月 Ethereumの高いスケーラビリティを実現するStarkExとStarkNetの解説レポート』を無料公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が『2022年12月 Ethereumの高いスケーラビリティを実現するStarkExとStarkNetの解説レポート』を無料公開しました。

過去には、80本以上の業界レポートを無料で配信していますので、こちらも是非CT AnalysisのWebサイト (https://ct-analysis.io/)よりご確認ください。

以下のリンクよりCT Analysisにアクセスいただくことで、Ethereumのリキッドステーキングに関するレポートをご覧いただけます。

『StarkNet』レポートに関して

今回のレポートは、zkRollup(Validity Rollup)を採用するEthereumのレイヤー2スケーラビリティソリューションであるStarkEx、およびStarkNetをテーマとしてのプロダクト概要とエコシステムの解説・紹介をメインのテーマとしたレポートとなっています。

現在のレイヤー2の領域ではOptimismやArbitrumが主要なポジションを獲得していますが、2023年以降、StarkNetをはじめとするzkRollupのソリューションはますます注目を集めていくことが予想されています。

StarkWare Industriesについて

StarkNetの開発元であるStarkWare Industriesは、StarkExやStarkNetなどのEthereumのレイヤー2技術を専門的に開発する企業です。

2018年に創設され、本社はイスラエル・ネタニアに置き、チームは非常に深い数学的なバックグラウンドを持つメンバーによって構成されています。

2020年6月に、限定的なユースケースに対応したロールアップを実現するStarkExをSaaSとして提供開始、その後2021年11月に汎用的なスマートコントラクトに対応したロールアップであるStarkNetのアルファ版をロールアウトしています。

先日には、財団の立ち上げやメインネット上でのトークンのデプロイも完了しており、現在は分散化されたネットワークリリースの準備段階となっています。

StarkNet概要

StarkNetは、zkRollup(Validity Rollup)を利用した汎用計算むけのネットワークであり、Ethereumのセキュリティを継承しながら、特定のユースケースに限定されない高いスケーラビリティを実現するスケーリングソリューションの一つです。

アルファ版の公開以降、段階的なパフォーマンスを向上させるアップグレードを実装しており、現在すでにいくつかのDappsがメインネット上で稼働しています。

OptimismやArbitrum, zkSyncなどのその他のスケーリングソリューションはEthereumの仮想マシンであるEVMとの互換性を高く意識する一方で、StarkNetではCairoと呼ばれる言語を採用しており、より証明の生成に特化していること、高度なロジックをスケーラブルにオンチェーンで実現することなどを特徴としています。

StarkNetエコシステム

レポート内ではStarkNet上で開発を行う主要なプロダクトのエコシステムをフィーチャーして紹介しています。

レポート内でも紹介しているテクニックであるアカウント抽象化(Account Abstraction)やレイヤー3などのアイデアを利用することで、Ethereumのメインネット上のアプリケーションと比較して、高い機能性やUXを実現することが可能であり、今後StarkNet上のアプリケーションが注目されていくことが予想されます。

レポート内では、テーマ別に主要なプロダクトの概要やローンチ状況などを紹介しています。

以下のリンクより無料会員登録後、完全版のレポートをダウンロードすることでご覧いただけます(32P)。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、4年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

下記のサイトより会員登録をしたユーザー様にはレポートが公開時に登録メールアドレス宛に最新レポートが届きます。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事