フリーミントNFT『DigiDaigaku Genesis』のフロア価格急騰 | 約350万円に
   公開日 : 2022/08/30

フリーミントNFT『DigiDaigaku Genesis』のフロア価格急騰 | 約350万円に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

NFTプロジェクト「DigiDaigaku Genesis」の取引ボリューム・フロア価格が急騰し、OpenSea内の直近24hで1位、直近1週間ではBAYCに次ぐ2位の取引量を記録しました。

また、フロア価格は、昨日8月29日で6.4 ETH(約136万円)、本日8月30日時点では15.9ETH(約350万円)となっています。

OpenSea直近24hの取引量ランキング | 画像引用元:OpenSea

DigiDaigakuは、コンピューターゲーム会社Limit Breakが手掛けるNFTプロジェクトで、様々な容姿をしたアニメ風女性キャラクターNFTが合計2022体発行されています。

Limit Break社では「ゲーム界の鉄の玉座に座る男」と称され、モバイルストライクやFF XVなどを手掛けてきたMachine Zone (MZ)社の共同創設者兼CEOガブリエル・レイドン氏がCEOを務めています。

そんなLimit Break社は先日、ParadigmやFTX、Coinbaseから2ラウンドで2億ドル(約277億円)の資金調達を実施。

フリーミントで公開されたNFTプロジェクトとして記録的なフロア価格となっているDigiDaigaku Genesisの今後の動向に注目が集まります。

画像引用元:https://digidaigaku.com/

記事ソース:Twitter、Linkedin


免責事項

本記事は情報を伝えることが目的であり、投資等の勧誘、または推奨を目的としたものではありません。本記事により発生、誘発されたとされるいかなる損失についてもその理由やプロセスに関わらずCRYPTO TIMES、株式会社ロクブンノニ、筆者及び全ての関係者は一切その責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事